家づくりの仕組み

シックハウス化学物質調査結果 平成14年10月18日

シックハウス対策住宅における室内有機化学物質調査について
1.調査日時 平成14年10月18日14時〜
2.調査場所 泉区上谷刈 一階和室中央
3.現地測定項目 気温28.8度 湿度48.6% 炭酸ガス濃度672ppm
簡易ホルムアルデヒド測定結果(指針値0.08ppm)検出限界以下
4.分析結果 参考資料(室内空気中化学物質測定結果)参照
5.考察  今回調査した結果からは、指針値を越える有機化学物質は検出されませんでした。T-VOC(トータルVOC・ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、アセトンを除く揮発性有機化学物質の和をいいます)については,245.9ug/m3と、とても低レベルな測定値が得られました。
アセトアルデヒドについては、指針値を越えてはいませんが指針値に近い値が計測されています。
その原因を調査時に頂きました建材の情報から察しますと、特に問題となる材料は見当たらないことから,お住まいの方の持ち込んだ家具・家庭用品などが原因として推測されます。
調査当日は28.8度と気温が高かったためVOCは放散しやすい環境であり,また無換気状態での測定のため、この家具から出ると思われる揮発性有機化合物のほとんどを測定できたと思います。
このことから建築引渡後6ケ月が経過していますが、引渡直後でも十分満足できる空気環境が得られる住宅といえます。
【参考資料】室内空気中化学物質測定結果
  • 採取月日 : 2002/10/18
  • 採取場所 : アイティビルド(泉区上谷刈)
  • 採集時間 : 30分間
  • 分析方法 : 揮発性有機化合物No.1)〜30)、34)〜36)固相吸着−溶媒抽出−ガスクロマトグラフ/質量分析法 アルデヒド類No.31)〜33) 固有吸着−溶媒抽出−高速液体クロマトグラフ法
化合物名 採取場所 参考定量 指針値
18日PMアイティビルド
和室 屋外 下限値※
1 ヘキサン <0.7 <0.7 <0.7
2 クロロホルム <1.1 <1.1 <1.1
3 1,2−ジクロロエタン <1.7 <1.7 <1.7
4 2,4−ジメチルペンタン <0.9 <0.9 <0.9
5 ベンゼン <3.1 <3.1 <3.1
6 1,2−ジクロロプロパン <0.2 <0.2 <0.2
7 トリクロロエチレン <0.7 <0.7 <0.7
8 ヘプタン 0.7 <0.6 <0.6
9 メチルイソブチルケトン <2.8 <2.8 <2.8
10 トルエン 10.5 1.8 <1.3 260
11 クロロジブロモメタン <1.1 <1.1 <1.1
12 オクタン 1.2 <0.7 <0.7
13 テトラクロロエチレン <0.5 <0.5 <0.5
14 エチルベンゼン 3.0 0.7 <0.2 3800
15 m,p−キシレン 3.7 0.7 <0.4 870
16 o−キシレン 1.3 <0.4 <0.4
17 スチレン <0.6 <0.6 <0.6 220
18 ノナン 6.1 <1.0 <1.0
19 1,3,5−トリメチルベンゼン 0.9 <0.5 <0.5
20 1,2,4−トリメチルベンゼン 4.2 <0.6 <0.6
21 デカン 7.8 <1.0 <1.0
22 p−ジクロロベンゼン 24.7 <0.4 <0.4 240
23 1,2,3−トリメチルベンゼン 1.5 <0.7 <0.7
24 リモネン 116 3.3 <1.2
25 ノナナール 21.6 <5.9 <5.9 230
26 ウンデカン 11.5 <0.8 <0.8
27 1,2,4,5−テトラメチルベンゼン <0.5 <0.5 <0.5
28 ドデカン 10.1 <0.4 <0.4
29 トリデカン 3.3 <0.5 <0.5
30 テトラデカン 4.2 <1.2 <1.2
31 ホルムアルデヒド 42.8 4.9 <3.9 100
32 アセトアルデヒド 44.2 <7.1 <7.1 48
33 アセトン 51.3 <13.6 <13.6 .
34 メチルエチルケトン <2.1 <2.1 <2.1
35 酢酸サンエチル 3.2 13.1 <2.4
36 酢酸サンブチル 0.5 <0.3 <0.3
T−VOC 245.9 9.2 新築1000/中古400
室内空気中化学物質の主な用途
化合物名 指針値 化学物質の用途
1) ヘキサン 断熱材(高発泡ポリエチレンの改質剤) 油性ペイント(溶剤)
2) クロロホルム 油性塗料・接着剤(溶剤の助剤)
3) 1,2−ジクロロエタン 油性塗料・接着剤(溶剤の助剤)
4) 2,4−ジメチルペンタン 油性塗料・接着剤(溶剤の助剤)
5) ベンゼン 油性塗料・接着剤(溶剤の助剤)
6) 1,2−ジクロロプロパン 油性塗料・接着剤(溶剤の助剤)
7) トリクロロエチレン 油性塗料・接着剤(溶剤の助剤)溶剤(ドライクリーニング用)
8) ヘプタン 油性ペイント・ニス,ワックス,ガソリン
9) メチルイソブチルケトン 油性ニス・油性ラッカー・印刷インキ(溶剤)
10) トルエン 260 接着剤(溶剤),油性ラッカー・ニス(溶剤),集成剤ザイ(溶剤)
11) クロロジブロモメタン 溶剤(工業用・ドライクリーニング用として使用)
12) オクタン 油性ペイント・ニス,ワックス,ガソリン
13) テトラクロロエチレン 油性ペイント・ニス,ワックス,ガソリン,灯油,溶剤(ドライクリーニング用)
14) エチルベンゼン 3800 油性ラッカー・油性ペイント(溶剤)
15) m,p−キシレン 870 接着剤(溶剤),油性ラッカー・ニス(溶剤)
16) o−キシレン 接着剤(溶剤),油性ラッカー・ニス(溶剤)
17) スチレン 220 樹脂,合成ゴム,樹脂塗料の原料
18) ノナン 油性ペイント・ニス,ワックス,ガソリン
19) 1,3,5−トリメチルベンゼン 染料,油性ニス,印刷インク
20) 1,2,4−トリメチルベンゼン 染料,油性ニス,印刷インク
21) デカン 油性ペイント・ニス,ワックス,ガソリン,灯油
22) p−ジクロロベンゼン 240 防虫剤,消臭剤,防臭剤
23) 1,2,3−トリメチルベンゼン 防虫剤,消腐剤,染料,接着剤
24) リモネン 香料,柑橘系精油(天然成分)
25) ノナナール 230 香料,柑橘系精油(天然成分)
26) ウンデカン 油性ペイント・ニス,ワックス,ガソリン,灯油
27) 1,2,4,5−テトラメチルベンゼン 防虫剤,消腐剤,染料,接着剤
28) ドデカン 油性ペイント・ニス,ワックス,灯油
29) トリテ゜カン 油性ペイント・ニス,ワックス,灯油
30) テトラデカン 330 油性ペイント・ニス,ワックス,灯油
31) ホルムアルデヒド 100 合板・パーティクルボード・壁紙等の接着剤,防腐剤
32) アセドアルデヒド 48 香料,防腐剤,防カビ剤,接着剤,人体
33) アセトン 化粧品(除光液等),接着剤(溶剤)
34) メチルエチルケトン 油性ニス・印刷インキ(溶剤)
35) 酢酸エチル 樹脂・ラッカー・印刷インク(溶剤),接着剤(溶剤),香料(メロン臭)
36) 酢酸ブチル 樹脂・ラッカー・印刷インク(溶剤),香料
T−VOC 1000 空気中の22物質以上と高い方から10ピークを含むVOCの値(31〜33)を除く

シックハウス化学物質調査結果 平成24年11月28日

【参考資料】室内空気中化学物質測定結果
  • 採取月日 : 平成24年11月28日
  • 採取場所 : 泉区根白石
試料採取年月日 平成24年11月28日(水)
測定部屋 1.居間
2.寝室
3.外気
採取時平均温湿度 部屋名 温度(℃) 湿度(%)
VOC.アルデヒド類 フタル酸
エステル類
voc、アルデヒド類 フタル酸
エステル類
防蟻剤 防蟻剤
居間 7.0 7.0 53 53
寝室 7.6 9.4 53 52
外気 10.5 8.7 47 38
試料採取者 アイティビルド
分析方法 VOC、フタル酸エステル類、防蟻剤 ガスクロマトグラフ-質量分析計
アルデヒド類 高速液体クロマトグラフ
測定項目 厚生労働省 測定結果
指針値 (単位:ug/m3)
居間 寝室 外気
トルエン 260ug/m3 3.5 5.2 1.1
エチルベンゼン 3800ug/m3 0.8 1 0.5未満
キシレン 870ug/m3 1.1 1.4 0.5未満
スチレン 220ug/m3 2.3 2.9 0.5未満
p-ジクロロベンゼン 240ug/m3 0.5未満 0.5未満 0.5未満
テトラデカン 330ug/m3 5.3 7.3 0.5未満
ホルムアルデヒド 100ug/m3 3.1 3 2.0未満
アセトアルデヒド 48ug/m3 6.4 8.5 2.0未満
フタル酸ジ-n-ブチル 1) 220ug/m3 1.0未満 1.0未満 1.0未満
フタル酸ジ-2-エチルヘキシン1) 120ug/m3 1.0未満 1.0未満 1.0未満
クロルピリホス 1) 1ug/m3 0.1未満 0.1未満 0.1未満
小児:0.1ug/m3
ダイアジノン 1) 0.29ug/m3 0.1未満 0.1未満 0.1未満
フェノブカルブ 1) 33ug/m3 0.1未満 0.1未満 0.1未満

1)ISO17025認定対象項目外