家づくりの仕組み

木の家のキャスト
木の家のキャスト

木材

 アイティビルドの丈夫な構造体を支えている木材は、伐採後、葉枯らし乾燥させ、粗挽きし、さらに天然乾燥した木材を使用しています。

 葉枯らし乾燥は、伐採した木を、枝葉をつけたまま、3ヶ月以上放置して乾燥させることにより、木材を効率よく減少させ、木材を丈夫にし、反りをなくし、腐 朽菌などの活動を防止する役割を果たします。また、天然乾燥による木材乾燥は、含水率をある一定値までムラなく下げることを目的とし、乾燥させることによ り、家の強度が増します。さらに、木に与えるストレスが人工乾燥に比べて少ないので、時間と共に木が備えている色艶が表れてきます。

伐採から出荷まで

伐採から出荷まで

工程表(協力:協和木材株式会社)
山林全景
1.山林全景
  調査
2.調査
皆伐・間伐 皆伐現場では,約3ヶ月葉枯らしを行い,乾燥材を作りやすくする
3.伐採
(八溝山系材,日光材,秋田杉,岩手赤松,青森ヒバ)
山主様と山林プランや間伐,立木売買打合せ
  選木及び毎木調査/伐採する木を選び、計測し、材積を割り出す   皆伐・間伐/皆伐現場では,約3ヶ月葉枯らしを行い,乾燥材を作りやすくする
丸太選別機(左)
4.丸太選別機(左)
皮むき機
5.皮むき機
粗挽作業
6.粗挽作業
柱重量選別
7.柱重量選別
サイズ及び等級区別※製材するのはAクラスのみ!!B・Cクラスは丸太のまま出荷
 
  計4機のツインバンドソーによる粗挽作業   重さ及び比重により,1本ずつ選別(重・中・軽の三段階)

天乾(ND)
8.天乾(ND)
モルダー仕上及び含水率,強度試験
9.モルダー仕上及び含水率,強度試験
柱等級選別
10.柱等級選別
日本産業様指定の桟木 チョウチョ入れ及び梱包
11.さんぎ入れ及び梱包
      割れ,芯,丸身他チェック   日本産業様指定の桟木・チョウチョ入れ及び梱包

12.出荷 林産地 工務店