アイティビルドのZEHの取り組みについて

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEHとは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により できる限り省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを作ることで、1年間に消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅のことをいいます。
政府が定めた「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」においては、ZEHの実現・普及について、
・2020年までに、標準的な新築住宅でZEHを実現
・2030年までに、新築住宅の平均でZEHを実現
上記のような目標値を設定して、国をあげて取り組んで行くことになりました。

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

経済産業省は2016年4月「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。この制度は補助金事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、建築設計事務所などを「ZEHビルダー」として登録し、ZEH基準の住宅建設を補助金支援により促進するものです。

 

ZEH普及目標

ZEH受託率
2016(平成28)年度:10%
2017(平成29)年度:20%
2018(平成30)年度:40%
2019(平成31)年度:50%
2020(平成32)年度:70%

 

ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社カタログやホームページでの紹介、住宅情報誌等各種メディアへの掲載、完成内覧会でパネルを利用したアピールなど、幅広いお客様へZEHの周知普及を行います。

 

ZEHのコストダウンに向けた具体策

断熱材やサッシ、冷暖房・給湯・換気などの住宅設備や、太陽光発電などの創エネルギー設備などは標準仕様を定期的に見直し、費用対効果を十分に検討した上で仕様の標準化・規格化を行います。シンプルで使いやすい間取り、方位に留意した配置計画・開口・屋根形状、各種省エネ計算の精査を行うことで、最小限の費用負担でZEH性能を引き出せるよう考慮していきます。

 

その他の取り組みなど

各種研修会へ積極的に参加し、常に新しい商材や情報、技術などを取得して社員のZEHに対する意識向上を図ります。木組伝統工法を残しながら、プレカットによる省力化をすすめます。薪ストーブなどバイオマスエネルギーもお客様に積極的に提案します。できる限り省エネ設備を最小限で「冬暖かく、夏涼しい自然エネルギー住宅」を実現できるよう研究を重ねます。