アイティビルドの作る家とは?

力強い木組み
力強い木組み

伝統工法へのこだわり

 木は木で締める。ボルトなどの金物を使用しないで柱や梁などをつなぎ合わせる方法があるのを知っていますか?冷静になって考えてみればまだ金属が高価で、金属を加工する技術がそれほどなかった時代には当たり前だったのでしょう。

甲乙梁構法
甲乙梁構法

 金物に頼らないその技術はすばらしいもので、手間はかかるかもしれませんが耐久性は高く、何百年もその姿をとどめている各地の木造文化財の多くはこの方法で作られています。ガッチリと組まれた構造は粘り強く、そしていてしなやかな柔軟性も持っています。

伝統的な和の空間
伝統的な和の空間

 地震の衝撃に対して硬く抵抗するのではなく、合気道のようにそのエネルギーを吸収してかわす免震構造です。地震国日本で長い歴史を経て育った技術ですね。また、金物は熱を伝えやすいので、結露を呼び、金物廻りの腐食にもつながりかねないのに対し、 木組みではその心配もありません。先人達の知恵は何千年もの歴史を重ねてきた財産です。今その技術を復活させようとする動きが緩やかながら確実に盛り上がっています。各地の古民家再生も同じ流れかもしれません。

 日本古来の木組みと最先端の技術が力を合わせればなんとすばらしい家ができるのでしょう。 まさに理想の住まいですね。